~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文コンクールの課題図書のご案内、最終回は
「高等学校」の課題図書です。 生命(いのち)や人生と
いったものを考えさせられる3冊です。


ぼくたちの砦 ぼくたちの砦
エリザベス レアード (2006/10)
評論社

この商品の詳細を見る

イスラエル占領下のパレスチナ。12歳の少年カリームの夢は、
サッカーの世界チャンピオンになること。外出禁止令が解除
されると、瓦礫を片づけて、サッカーの練習だ!過酷な環境
の中で誇りと希望を失わない少年たちの物語。
(Amazonより)

てのひらの中の宇宙 てのひらの中の宇宙
川端 裕人 (2006/09)
角川書店

この商品の詳細を見る

ミライとアスカ、2人の子どもたちと暮らすぼく。妻は、再発癌で入院
した。子どもたちが初めて触れる死、それは母親の死なのだろうか。
地球の生命、その果てしない連鎖。死は絶望でないと、どうやって
伝えたらよいのだろう?生命のつながり、心打つ宇宙小説。
(Amazonより)

泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ 泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ
瀬川 晶司 (2006/04/21)
講談社

この商品の詳細を見る

あきらめなければ、夢はかなう!年齢制限のためプロ棋士の夢を断た
れた男は、いかにして絶望から這い上がり、不可能を可能にしたか。
生い立ちから決戦までの秘話満載の、万人の胸を揺さぶる感動の自伝。
(Amazonより)
関連記事

FC2blog テーマ:夏休み課題図書 - ジャンル:本・雑誌

【2007/08/01 00:00】 | 絵本・児童文学・子ども・ホビーなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。