~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オンライン書店ビーケーワン】今日入荷した本を見る


『魚を喰らう』という力強いタイトルと魚の写真の表紙。とても目を
引いて気になっていたのですが、実はこれ、「男子厨房に入る」
というシリーズの最新刊なんですね。なるほどと納得しつつ、ほか
の本も見てみると、これがとても興味深く、男子でなくとも作って
みたくなるような、そんな本がズラリとありました。同じように興味
を持たれた方、気になった本をぜひどうぞ。


魚を喰らう 魚を喰らう
(2007/05)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

めざすは、あじ、さば、いわし、旬のものをさばくこと。 切り身魚は、
基本となる味つけは押さえて、和・洋・中のアレンジメニューまで
完璧にマスターすること。プロもうなる味を再現すること。ストレート
でダイナミックなおいしさと、シンプルでもこだわりのあるレシピが
大好評の 男子厨房に入るシリーズ最新刊は、魚の魅力をあます
ところなくご紹介!
(Amazonより)

男子厨房に入る 旨い中華 男子厨房に入る 旨い中華
(2006/10/17)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

なじみの深い献立が多いが、自分で作るとなるとわからないことが
多い中華料理。メインにもなる麻婆豆腐やえびチリを始め、各種
餃子に回鍋肉、肉みそのレタス包みやピータン豆腐まで、豊富な
レシピを紹介する。
(Amazonより)

定食屋の定番ごはん―男子厨房に入る 定食屋の定番ごはん―男子厨房に入る
(2002/10)
〔オレンジページ〕

この商品の詳細を見る

煮魚にご飯、どんぶりもの、汁…。誰もが知っている定番メニューを、
なんとかして自分の手で作ってみましょう。食べ慣れているメニュー
を準備し、火を通し、味をつけて…。おいしさ、幸せが広ります。
(Amazonより)

旨い居酒屋メニュー 旨い居酒屋メニュー
(2003/01)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

同じシリーズの第一弾「定食屋の定番ごはん」に続き、男性読者から
要望の多かった居酒屋の旨いつまみ全70品を紹介。ねぎ袋焼き・納豆
袋焼き、中華風冷ややっこ、ねぎとしょうがの中華そば等、「とりあえず
これで」なメニューからいちおし納得の厳選メニュー、「これがなくては
終われない」締めのメニューまで、旨い居酒屋料理のレシピを紹介。
(Amazonより)

男のイタリアン 男のイタリアン
(2004/11)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

最近のイタリア料理は楚々としていてあっさり傾向。だが骨太のものを
食べたい、気取らないものに舌つづみを打ちたい。ならば実践、自分で
作る。イタリアの家庭料理、パスタにサラダ、マリネとメイン料理のレシピ
を紹介。
(Amazonより)

鍋奉行になる 鍋奉行になる
(2003/10)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

鶏ちゃんこ鍋、すき焼き、うどんすき、あじのたたき鍋、餃子鍋、いわし
とトマトのイタリア鍋…。料理の達人になるのは難しいが、鍋奉行なら
すぐなれる。「何でもあり」の自由さが楽しい、鍋料理のレシピを紹介する。
(Amazonより)

鉢山亭の取り寄せ 虎の巻 鉢山亭の取り寄せ 虎の巻
(2006/05/17)
オレンジページ

この商品の詳細を見る

鉢山亭虎魚(はちやまていおこぜ)。十年間、故池波正太郎のもとで
学んだ著者は「きょうという一日が最後と思って酒を飲め。そう思って
飯も食え」が座右の銘だ。そんな彼の食卓には、自ら納得したものを
集めた結果、全国からの取り寄せ品が並ぶ。本書はその中から厳選
された一品を集めた虎の巻である。
(Amazonより)


関連記事

FC2blog テーマ:料理の本 - ジャンル:本・雑誌

【2007/05/30 00:00】 | 雑誌・季刊誌・ムック・週刊・テキストなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。