~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オンライン書店ビーケーワン】今日入荷した本を見る


一度読んでみたいと思う作家の一人、マンロー。その彼女が最後の
本だと言っているらしい自伝的作品が、429ページというボリューム
で出版されたとのことで、またまた気になっております。


林檎の木の下で 林檎の木の下で
アリス・マンロー (2007/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

17世紀、エディンバラの寒村に暮らしていた遠い祖先。やがて19世紀
前半、一家三代でカナダへ。語り部と物書きの血が脈々と流れるマンロー
一族の来し方を、三世紀に亙る物語として辿りなおす。実直な父、世故
に長けた母、階級の違う婚家、新しい夫との穏やかな暮らし……人生の
すべてが凝縮されたような自伝的短篇集。
(Amazonより)


こちらもおすすめ

イラクサ イラクサ
アリス・マンロー (2006/03/29)
新潮社

この商品の詳細を見る



関連記事

FC2blog テーマ:新刊・予約 - ジャンル:本・雑誌

【2007/05/09 00:00】 | 文芸・ノンフィクション・エッセイなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。