~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オンライン書店ビーケーワン】今日入荷した本を見る


本日は新刊よりエッセイの本をご案内いたします。
慌しい季節ではありますが、時にはゆっくりと読書の
時間を楽しんでみませんか ^ ^


パリ・下北沢猫物語 パリ・下北沢猫物語
フジ子 ヘミング (2007/03)
阪急コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

パリと東京・下北沢に拠点をおき世界を駆け巡る人気ピアニスト、
フジ子・へミングさんを支える25匹の猫たちと2匹の犬たちとの
交流の物語。子供のころからの動物好きのフジ子さん。気が
つけばいつも猫たちに囲まれていた。そんな子供のころの猫の
思い出から、苦難の時代を支えたドイツでともに暮らした猫たち、
パリで住んだ3つのアパルトマンでの猫たちとの生活など、フジ子
さんと猫たちの歴史を綴る。パリと下北沢の自宅で撮りおろした
かわいい25匹の猫ショットも満載。ほかにフジ子さん作の猫を
テーマにした絵、描きおろしのイラストなども見逃せません。
(Amazonより)


イラクサの小道の向こう―英国、花とくらす小さな村 イラクサの小道の向こう―英国、花とくらす小さな村
並木 容子 (2007/01)
中央出版

この商品の詳細を見る

美しい風景と緑豊かな自然で観光スポットとして近年人気が高まる、
イギリス郊外のコツウオルズ地方。フラワーアーティスト・並木容子
さんが旅して出会った、温かな人たちとの交流、みずみずしい生命、
そして生きるうえでの大切なヒント。「自分らしく生きること」の輝きと
すばらしさを、みずみずしい感性で描く、感動のエッセイです。
(Amazonより)


あて名のない手紙 あて名のない手紙
宮川 ひろ (2007/03)
メディア・パル

この商品の詳細を見る

戦後を代表する女性児童文学作家の宮川ひろの、長年に渡る
エッセイを1冊の本にまとめたもの。尾瀬に近い故郷での懐か
しい村での情景や、先生と子ども達のふれあい、親子の情など
を、誰もが涙するという宮川ひろの語りの魅力をそのままに
詰め込んだ珠玉のエッセイ集となっています。
(Amazonより)


バカまるだし バカまるだし
永 六輔、矢崎 泰久 他 (2007/02/27)
講談社

この商品の詳細を見る

永さん、“美しい国”ってなんだ!?
時流を嘆き、権力者を揶揄し、国を憂い、品格をぶった斬る。
昭和8年生まれの2人が奏でる抱腹舌倒、タブーなき掛け合いの妙味!
(永)あなた、これが活字になることを想像して話してる?
(矢崎)この対談だけは、女房に見せないことにしてますから。
(Amazonより)


関連記事

FC2blog テーマ:新刊・予約 - ジャンル:本・雑誌

【2007/04/08 00:00】 | 文芸・ノンフィクション・エッセイなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。