~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ここ数年、韓流ブームには乗っていませんが、柚子茶の虜には
なっている私。柚子茶に限らずお茶は大好きで、お茶って本当に
いいなぁと年を重ねるごとに思ったりします。
お茶を飲んで、ほっとするだけでなく、健康にもいいとなると、
一石二鳥(?)。ありがたいありがたい。
というわけで、このようなお茶の本を見つけたので、ご案内したい
と思います。同じくお茶の好きな方、興味のある方はどうぞ。


はじめての韓国伝統茶 はじめての韓国伝統茶
李 映林、コウ 静子 他 (2007/02/23)
小学館

この商品の詳細を見る

ゆず茶、菊茶など心も体も元気になれるお茶。
日本でも知られるようになった韓国伝統茶を楽しむための本です。 
韓国では、果物、花、穀物など、季節ごとの自然の恵みをはちみつ
に漬けたり乾燥させたりして、お茶として飲んできました。お茶の
飲み方も、朝だから3時だからこのお茶、ではなく、その日の気分
や体調に合わせて選ぶ、健康でいるために飲む、というものです。
本書では、それぞれのお茶の特徴や食材の加工のしかた、飲み方
を紹介しています。また、甘さをおさえて素材そのものの味を生かす
韓国のスイーツも、洋菓子風にアレンジしたものを含め、レシピと
ともに掲載しました。どこか懐かしくほっとできる韓国伝統茶の世界
を丸ごと味わえる1冊です。
(Amazonより)


こちらもおすすめ
お茶から生まれたお茶レシピ お茶から生まれたお茶レシピ
安田 ひと絵 (2006/02)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
関連記事

FC2blog テーマ:料理の本 - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/24 00:00】 | 実用・趣味など
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。