~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第136回芥川賞が、青山七恵さんの「ひとり日和」に決定。
直木賞は(4年ぶりに)受賞作がなかったようです。
第136回芥川賞・直木賞候補作 を以前ご案内しましたが、
直木賞については、佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』、
北村薫さんの『ひとがた流し』を応援(?)していたので、
非常に残念な思いですが、また次を楽しみにしていたいと
思います。

さて、今日は1月17日です。
「阪神・淡路大震災」からもう12年。復興が進んだといわれる中、
そんな思いがしないという被災者の方がいらっしゃるというのも
また事実。そして、震災時に負った心の傷はきっとずっと癒える
ことはないのではないでしょうか。私たちに出来ることは、あの
震災を決して忘れないことなのだと思います。

阪神・淡路大震災10年全記録―被災地は復興したか 阪神・淡路大震災10年全記録―被災地は復興したか
神戸新聞社 (2004/12)
神戸新聞総合出版センター

この商品の詳細を見る

阪神・淡路大震災から10年。震災直後から、これまでの復旧・復興の
軌跡を紹介する報道写真集。あの惨事を二度と生んではならないと
いう決意を込めた記録。データ集、年表も収録。
(Amazonより)

阪神・淡路大震災10年―新しい市民社会のために 阪神・淡路大震災10年―新しい市民社会のために
柳田 邦男 (2004/12)
岩波書店

この商品の詳細を見る

壊滅的な打撃を受けた阪神・淡路大震災から一〇年。被災地は表向き
見違えるように蘇ったが、復興一〇年の現実はどうか?復興住宅、人びと
の暮らし、経済・産業の復興、孤独死の問題など被災地の変化と到達点
を市民の立場から検証し、震災の混乱の中から登場してきた「自律市民」
の多様な活動を紹介する。
(Amazonより)

そのほかの関連本
阪神大震災ノート 語り継ぎたい。命の尊さ―生かそうあの日の教訓を / 住田 功一
報道写真全記録―阪神大震災 / 朝日新聞社
大震災 問わずにいられない 神戸新聞報道記録1995-99 / 神戸新聞社
大震災サバイバル・マニュアル―阪神大震災が教える99のチェックポイント / 朝日新聞社
いのちの贈り物―阪神大震災を乗りこえて / 鈴木 秀子
関連記事

FC2blog テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/17 00:00】 | 文芸・ノンフィクション・エッセイなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。