~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『不都合な真実』というタイトルと、映画になったことは知って
いたけれど、内容がよく分からずにいたんです。そうしたら、
このような本になっていたんですね。それも著者が元アメリカ
副大統領のゴア氏ということで、すごく驚きました。また、この
ような本が、もっと真剣に環境問題に取り組んで欲しいアメリカ
の人物によって出版されたということは大きいように思います。
映画と共に、この本から地球の現状を家族でもしっかり認識し、
自分には何が出来るのかを考えていきたいですね。


不都合な真実 不都合な真実
アル・ゴア (2007/01/06)
ランダムハウス講談社

この商品の詳細を見る

アル・ゴアが半生を捧げて伝える人類への警告。全米を震撼させた
衝撃の書。書籍版「不都合な真実」緊急発売決定!
総画像数360点以上!迫力のオールページフルカラー!映画で使用
された図表はもちろん、アル・ゴアが30年以上の年月をかけて取り組
んできた環境問題に関する研究成果のすべてを収録。環境破壊の
恐ろしさを物語る多数の資料、写真、またゴアのパーソナルライフに
関するエピソードやプライベート写真などを一挙掲載!
地球のためにあなたが出来る最初の一歩は、この事実を知ることだ。
あなたはこの驚くべき現実に向かい合いますか?それとも目を背け
ますか?
(Amazonより)


あわせておすすめ
ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ
手塚 治虫 (1996/09)
光文社

この商品の詳細を見る

「なんとしてでも、地球を死の惑星にはしたくない。未来に向かって、
地球上のすべての生物との共存をめざし、むしろこれからが、人類
のほんとうの“あけぼの”なのかもしれないとも思うのです」幼少の
思い出から、自らのマンガ、そして未来の子供たちへの想いまで。
1989年、他界した天才マンガ家・手塚治虫、最後のメッセージ。
(Amazonより)

子どもたちに語る これからの地球 子どもたちに語る これからの地球
日? 敏隆、総合地球環境学研究所 他 (2006/07/21)
講談社

この商品の詳細を見る

人間にとっての「よい環境」は、他の生き物にも「よい環境」なの
でしょうか?これからの地球で生きるために、何を考えておくべき
なのでしょうか?本書を読んで、子どもたちに語ってください。
(Amazonより)
関連記事

FC2blog テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

【2007/01/15 00:00】 | 社会・環境など
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。