~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かの裏側って気になりますよね。
「これ」は、どこでどういう風に作られているんだろうとか。
(実際に工場で作られている所を見て、ワクワクしたり)
また、「なぜ復刊されないの?」「あの話ってどうなったんだっけ?」
などと、マンガやアニメなどで、不思議に思っていること。
商品開発の物語なども非常に興味深いですよね。
本日は、そんな様々な「裏側」についての、ちょっと気になる
本をいくつかご案内したいと思います。


なぜ、伊右衛門は売れたのか。なぜ、伊右衛門は売れたのか。
峰 如之介

すばる舎 2006-04-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

緑茶の本質を追求し、比類のない上質な味をつくりあげた
『伊右衛門』が、いま緑茶飲料市場を席巻している。
2004年3月に発売された『伊右衛門』は、生活者からの
熱烈な歓迎を受け、たったの数日で完売し、瞬く間に清涼
飲料の発売初年・販売レコードを塗り替えてしまった。
しかし、そんな大ヒット商品誕生の裏には、商品開発にこだ
わり抜き、理想を追求し続けてきた若き開発者たちがいた。
その開発者たちは、お茶飲料の開発で連戦連敗を喫し、
ときにサントリー始まって以来の販売不振商品をつくり、
社内でも痛烈な批判を受けていた。しかし、彼らはそれでも
悩み、苦しみ、限界を感じながらも夢を追い求めた。そして、
その末にたどり着いた答えが『伊右衛門』だった。
1000億円ブランド誕生の裏側をはじめて明かす。
(Amazonより)


食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司

関連商品
新・食べるな、危険!
使うな、危険!
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
もう肉も卵も牛乳もいらない!
経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!
by G-Tools

廃棄寸前のクズ肉も30種類の「白い粉」でミートボールに甦る。
コーヒーフレッシュの中身は水と油と「添加物」だけ。「殺菌剤」
のプールで何度も消毒されるパックサラダ。虫をつぶして染め
るハムや健康飲料・・・・・・。
食品添加物の世界には、消費者には見えない、知らされていな
い「影」の部分がたくさんあります。「食品製造の舞台裏」は、
普通の消費者には知りようがありません。どんな添加物がどの
食品にどれほど使われているか、想像することさえできないの
が現状です。
本書は、そんな「食品の裏側」を、食品添加物の元トップセール
スマンが明した日本ではじめての本です。いま自分の口に入る
食品はどうできているのか。添加物の「毒性よりも怖いもの」
とは何か。安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っている
のか。本書は、それらを考える最良の1冊になっています。
(Amazonより)


封印作品の謎 2封印作品の謎 2
安藤 健二

太田出版 2006-02-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「失われた物語」は、まだ存在する。あらゆる“名作”が発掘・
復刻され尽くされつつあるなか、それでもいまだ目にすること
ができない一部の作品たち。長大なシリーズとして多くの人々
の記憶に残りながら、その一部だけでなく、シリーズ全体が
なかったことにされている物語。ほんの数年前まで再放送さ
れながら、今ではフィルムが存在するかどうかすら確認でき
ない物語。そして、国民的知名度を誇りながら、誰も知らない
あいだに消されていた物語。彼らは、なぜ「封印」されたのか
…?戦後の特撮、マンガ、アニメを中心に関係者の証言を徹
底的に集め、その“謎”に迫る。大反響を呼んだ新世代ルポ
ルタージュ、待望の第2弾。
(Amazonより)


合わせてどうぞ

封印作品の謎封印作品の謎
安藤 健二

太田出版 2004-09
売り上げランキング : 9,828
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



* 期間延長&還元額UP! 本+CDで最大1000円分還元!
* ナルニア国物語 スペシャルストア
* 絵本っておもしろい!
* 教科書に出てくる本
* 完全送料無料キャンペーン中!文庫本1冊からでもOK!
関連記事

FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2006/04/22 00:00】 | 実用・趣味など
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。