~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 500円分その場で割引キャンペーン
* ナルニア国物語 スペシャルストア
* 絵本っておもしろい!
* 完全送料無料キャンペーン中!


絵本のご案内が続きましたが、本日は絵本からちょっと離れて。
新刊の中から、ちょっと面白そうな3冊をご紹介いたします。
これらの本、私はかなり興味深いです。わくわく。


という、はなしという、はなし
吉田 篤弘

筑摩書房 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1枚の絵に触発された想像力は、思いもかけない世界へと
読む者をいざなう-。全編、読書する動物が登場する、喜怒
哀楽24本入りの小さな絵物語集。筑摩書房のPR誌『ちくま』
での連載を書籍化。
(Amazonより)



原田 宗典著 幻冬舎
オンライン書店ビーケーワン:し

平仮名一文字で一番沢山の意を持っているのは何だろう? 
調べてみたら、それは「し」で、その数297!これを知った
ときから作りたかった、子、師、詩、歯、死、誌、姿など、
あらゆる「し」にまつわる文章をまとめた一冊。
(bk1より)


にょっ記
穂村 弘著 文芸春秋
オンライン書店ビーケーワン:にょっ記

他人の日常って、ほんとうに奇妙なもの。ましてや鬼才ホムラ
ヒロシともなれば…。くすくす笑いとハイブロウな後味のウソ日
記。挿絵はフジモトマサルのひとこま漫画。『別冊文芸春秋』
連載に加筆して単行本化。
(bk1より)



関連記事

FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2006/03/11 00:00】 | 文芸・ノンフィクション・エッセイなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。