~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなじみのお話が、ツヴェルガーの美しい絵で新たに登場。
見ているだけで、その世界に引き込まれてしまいそうな
魅力的な表紙にうっとり。
ぜひお手にとってみてください。

『オズの魔法使い』の訳は江國香織さんです。

オズの魔法使いオズの魔法使い
(2008/11)
L.フランク ボウム

商品詳細を見る

竜巻で飛ばされ、見知らぬ不思議な世界にやってきたドロシーは、
ふるさとのカンザスに帰るため、魔法使いのオズに会いに行きます。
途中で出会ったかかしやブリキのきこり、臆病なライオンらとともに、
さまざまな困難をのりこえて…。映画やミュージカルでおなじみの
お話を、今あらためてあなたにお届けします。
(Amazonより)


アリスの挿絵といえばテニエル!なんて思っていたのですが、
なんのなんの(?)。さすがツヴェルガーというべきか、この
アリスの世界にすっかり魅了されてしまいました。
訳は石井睦美さんです。

不思議の国のアリス不思議の国のアリス
(2008/11)
ルイス キャロル

商品詳細を見る

ウサギを追って穴に落ちたアリスを待ち受けていたのは、チャシャ
ネコに帽子屋、三月ウサギにハートの女王―世界中で愛される
ルイス・キャロルの名作の世界へ、絵本画家リスベート・ツヴェルガー
がいざないます。豊かな想像力と繊細な表現力で描き出すのは、
発見と驚きに満ちた魅力あふれるワンダーランド。軽快な新訳と共に、
新しい冒険の旅へ出発です。
(Amazonより)
関連記事

FC2blog テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/06 17:20】 | 絵本・児童文学・子ども・ホビーなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。