~本とのすてきな出合いの時間~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オンライン書店ビーケーワン】今日入荷した本を見る

本日のねずみの本は、スイミーでおなじみのレオ・レオニの絵本。
ほっとあったかくさせてくれるようなお話をどうぞ。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
レオ・レオニ (1969/01)
好学社

この商品の詳細を見る

レオ・レオニと谷川俊太郎(訳)のコンビによる「ちょっと かわった のねずみ」
フレデリックのお話。冬に備えて、せっせと食料を集めて働く野ネズミたち。
でも、フレデリックだけはじっとして動こうとしない。寒くて暗い冬の日のために
「おひさまのひかり」を、灰色の冬のために「いろ」を、長い冬の間に話が尽き
ないように「ことば」を集めているんだ、と言うフレデリック。やがて冬が来て、
食料も尽きる。だが、フレデリックが集めておいたものは、尽きることなくみんな
に楽しい時をもたらしてくれる。
豊かな想像力が生み出す、生きる力。それぞれが自分の役割を果たすという
こと。ユーモアたっぷりのお話のなかに、大切なことがちりばめられている。
「働かざるもの食うべからず」という教訓や「みんなで分け合う精神」を教える、
といった単純なお説教話にはなっていないのが、いい。
(Amazonより)

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
レオ・レオニ (1975/01)
好学社

この商品の詳細を見る

ねずみのアレクサンダが羨ましいのは・・・。

関連記事

FC2blog テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2008/01/05 00:00】 | 絵本・児童文学・子ども・ホビーなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。